PR 仙台市でおすすめ!フロアコーティング
COLUMN
フロアコーティング関連コラム

床に合ったフロアコーティングの選び方とは?フローリングの違いを解説

公開日:2024/05/15  最終更新日:2024/01/22

フローリングの違い

快適な生活環境を構築するうえで、フロアコーティングの施工は重要です。しかし、多くの種類や選択肢があるなかで、どのフロアコーティングが床に最適なのか、そしてそれぞれの床材の特徴は何かの理解が大切です。この記事では、床に合ったフロアコーティングを選ぶポイントと、異なる床材の特徴について詳しく解説します。

床材の種類と違いとは?

住宅や建物の内装において、床材は大きな役割を果たします。そのなかでも、フローリングは一般的な床材として広く利用されています。しかし、フローリングにもさまざまな種類があるため、それぞれの異なる特徴の把握が大切です。

フローリング

フローリングは、木材を加工して作られる床材で、複合フローリングと無垢フローリングに分けられます。複合フローリングは合板基材と表面材を組み合わせており、多くの種類や価格帯が存在します。無垢フローリングは、天然木の一枚板を使用し、木の質感と香りが魅力です。

フローリングのメリットは掃除のしやすさと高い耐久性で、無垢フローリングは天然の温もりを感じさせてくれます。ただし、傷つきやすく、コストがかかることがデメリットです。

クッションフロア

クッションフロアは塩化ビニル製の床材で、衝撃を吸収し、防水性に優れています。価格が手ごろで手入れが容易なため、予算を抑えたい人やペットのいる家庭に適しています。ただし、家具の跡が残りやすいことや劣化が早いというデメリットがあります。

フロアタイル

フロアタイルはポリ塩化ビニル製が一般的で、DIYでも施工可能です。施工が容易でメンテナンスが少ないため、低価格な床材としておすすめです。ただし、足触りが快適でなく、防音性が劣ります。また、熱に弱いため床暖房には不向きです。

タイル、石材

タイルと石材は耐久性に優れ、汚れや水に強い床材です。内外装に適しており、高級感やスタイリッシュな印象を提供します。メンテナンスが少ない一方、床材としては硬く、足触りが快適でないというデメリットがあります。価格もほかの床材に比べて高くなるでしょう。

フロアコーティングはどの床でも施工可能?

フロアコーティングは、床材の美しさと耐久性を高めるための魔法の手法のようなものですが、果たしてどの種類の床材にも適用できるのでしょうか。

無垢材にも施工可能

まず、無垢材という自然の素材から作られる床材に注目してみましょう。無垢材は木の一枚板を使ったもので、美しい木目や質感が魅力です。多くの人が無垢材のフローリングを検討する際には、フロアコーティングが可能かどうかが疑問になります。実は、無垢材にもフロアコーティングは施工可能です。フロアコーティングにより、無垢材は美しい仕上がりを保ちつつ、傷や汚れから床を守ることができます。

シートフローリングも施工可能

シートフローリングもフロアコーティングの対象です。シートフローリングは、合板基材に樹脂やポリマー化合物のオレフィンなどの表面材が貼り付けられており、木目印刷などが施されています。この床材にもガラスコーティングやUVコーティングなどのフロアコーティングが適用でき、耐久性を高めつつ美しいルックスをキープできます。

複合フローリングも施工可能

複合フローリングもフロアコーティングで保護できる床材のひとつです。突板フローリング、挽き板フローリング、シートフローリングなど、複合フローリングはさまざまな特性を兼ね備えています。フロアコーティングにより、これらの床材は傷や汚れから守られ、長寿命の床としての機能を果たします。

ビニルフロアタイルも施工可能

ビニルフロアタイルもフロアコーティングが可能な床材です。ポリ塩化ビニル製のフロアタイルは、扱いやすく、DIYでも人気です。フロアコーティングにより、フロアタイルはツヤのある仕上がりで、手入れが容易になり、耐久性が向上します。

石材やタイル床も施工可能

石材やタイル床もフロアコーティングに適した床材です。石材やタイルは非常に耐久性があり、水や汚れに強いですが、フロアコーティングによってさらに保護されます。石材やタイル床への施工で、美しい質感をもちつつ、長寿命の床としての性能が向上します。

床に合ったフロアコーティングを選ぶポイント

床に合ったフロアコーティングを選ぶ際、いくつかの重要なポイントがあります。まず、床材の種類に応じて適切なコーティングを選びましょう。無垢材、フローリング、シートフローリング、タイルなど、床の素材によって必要なコーティングの種類が異なります。

また、ライフスタイルに合ったコーティングを選ぶことも大切です。家庭であれば、耐久性や耐久性が求められますが、商業施設では防滑性や薬品に対する耐性が重要です。ペットを飼っている場合や子どもがいる場合も、床に優れた耐久性と防滑性を考慮する必要があります。

最後に、コーティングサンプルを取り寄せて実際に床に施工してみることがおすすめです。これにより、見た目や滑り具合、手触りなどを評価し、自分の好みに合ったコーティングを見つけるのに役立ちます。床に合ったフロアコーティングを選ぶことで、美しさと実用性を兼ね備えた床を楽しむことができます。

まとめ

床材の種類やライフスタイルに応じて適切なフロアコーティングを選ぶことは重要です。耐久性、防滑性、薬品耐性などの要因も考慮しましょう。また、コーティングサンプルを試すことで、自分の好みや必要性に合った最適なコーティングを見つける手助けになります。床に合ったフロアコーティングの選択は、美しさと実用性を両立させるカギといえるでしょう。